toggle
2015-10-23

アナログな編集者が自力でHPを作るまで③


から続いております。
急な取材を入れたりして、バタバタな日々を送っていたら、ブログが書けず。。

その急な取材とは、厳島神社!
厳島神社がある宮島は神々の島と呼ばれていたりして、
スピ話が好きな私には(笑)、たまらない場所でした。

夕焼けも神々しい。。

朝も神々しい。。

ファイル 2015-11-11 18 48 56

干潮間近で海水がないのです。

いい気を充電して帰ってきましたよ。

***
さて、連載記事の続きを書きますね。

前々回の①では、ワードプレスを使うことに決め、
前回の②では、ドメインとサーバーを契約し、
そして、今回はデザインです。

自分でデザインなんぞできないのは、分かっていました。
ワードプレスで「テーマ」と呼ばれるアメブロで言うところのデザインは、
無料のものもあったり(その代わり広告が入ったりする、アメブロと同じ仕組みですね)、
有料で売っているものもあります。

枠組みだけ買えるんです。

そこで、『ミニマルWP』というサイトで知り、レスポンシブデザインの枠組みを購入。

わたしが購入したのは、約8000円のものですが、
3990円からあるみたいです。

レスポンシブデザイン・・・・??
とはじめ思ったのですが、
パソコンで見ても、iPhoneで見ても、
iPodとかで見ても、どんなディバイスにも勝手に対応して、
表示を変えてくれますよ、というのが、
レスポンシブデザイン、というそうなんです。

確かに、スマホとかで、PC用のサイトとか見るのも、
その逆もつらいですもんね。
そういう固定デザインしかないサイトも減ってきていると思います。

このデザインを買ったら、すぐにサイトが完成するかというと、
ここからが長かったのですが。。。

このデザインのDL自体は簡単で、ワードプレスの管理画面で解凍すれば、
すぐに有効になりました。

Q&Aページにも助けられたな。

ではでは、次は最終回。
中身をどうやって設定したの?
ということを書きますね!


関連記事