toggle
2016-02-04

ハワイ旅行/リゾートフィーとホテルの駐車場事情


ハワイの一部のホテルで請求されるリゾートフィー。
施設使用料として、宿泊費以外に請求されるお金で、
リゾートチャージと呼ばれることもあります。

内容がどんどん変わるのですが、
いま現在分かることをまとめておきたいと思います。
ここに出てくるのは、2016年2月3日現在の情報です。

 

まず、旅行代理店を経由してホテルを予約している場合は、
この施設利用料まで込みの値段を払っているので、
別途請求されることはありません。

個人手配の場合は、別途リゾートフィーがかかるホテルがあります。
例えばワイキキでは、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ、
シェラトン、シェラトンプリンスカイウラニ、マリオットなどが
リゾートフィーを請求するホテル。
ちなみに、拒否権がなくて、「それいらないんですが」
とフロントでゴネてみたこともありますが、
却下されました(笑)

ほかにもいろいろなホテルで請求するところがあるので、
自分が泊まりたいホテルが請求するかどうか、
事前にHPをチェックをしたほうがいいです。

 

例えば、このシェラトンプリンスカイウラニのホームページを見ると
1泊1部屋につき、$26.18を請求します、と書いてあります。
(2018年10月25日現在、$34.55まで値上がりしていました!
なおかつ、セルフパーキングは別途$35!驚)
Wi-Fi
セルフ・パーキング
お水2本
プールで使うバスタオル。。
などなどがサービスに含まれます。
わたしが泊まった時はプールサイドでウエルカムドリンクもありました。
マイタイだったか、そういったカクテルのサービス。
プリンセスカイウラニビーチサイド
見事にドン曇りの日でした。。

他に利用したことがあるマリオットは、
毎晩ビールかマイタイが飲めるチケットを、宿泊数分くれました。
そんなにバーに行くタイミングがなく、半分も消化できなかった記憶が。
他には、
Wi-Fi、
そのチケット、
スポーツジム使用料、
国際電話60分、
島内、アメリカ内への電話などが、
リゾートフィーを払うことで利用できます。
マリオット、バー
こんな素敵なプールサイドのバーで飲めます。
夜風も気持ちいい。

 

レンタカーをする人にとっては、
パーキング代はどのみち払わなくてはいけないので、
旅行会社経由で予約しているなら、
すでにパーキング代も入っていると思うと、
なんだかお得感があったり。

ただ、パーキングがリゾートフィーでカバーされないホテルもあります。
マリオットやヒルトン・ハワイアン・ビレッジはそちら。

ワイキキのホテルのセルフ・パーキング代は1泊$15~32。
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジが$27で高っ! と思った記憶があるので、
これが一番高いのでは。。
と、今マリオットのHPを見たら1日$32だそうです。

マリオットはリゾートフィーが1日$31.42、パーキングがこれ、
だと1日$60オーバーですね。
日本ならこれだけでビジネスホテルに泊まれそうだ。

バレーパーキング(スタッフさんが代わりに停めてくれるやつ)では、
例えば、ロイヤルハワイアンホテルは1日$33、
マリオットは1日$37です。

これに3泊でも5泊でも掛け算になってくると、
だいーぶいい金額です。

そのお金を払うなら、なにかおいしいものでも食べたいよ、
と思わずにはいられない。
レンタカーするなら必要経費なのですが。

リゾートフィーを取らないホテルでも、
1日$15くらいの駐車場代を払って、
インターネット代を他に払って。。
とかやるとすると、リゾートフィーとトントンくらい払うのでは、
って思うこともあります。

ちなみに、ロイヤルハワイアンホテルやハレクラニには、
リゾートフィーがありません。
Wi-Fiも無料。
高級ホテルだからリゾートフィーを取るわけではないんですよね。
フシギ。

 

なんだかリゾートフィーの説明のはずが、
旅行はお金がかかりますってくだりになってきていますが、
こういう経費が別途かかるので、
そこもチェックをしておいた方がいいです。

知らないでいきなり請求されるとガーンって感じですが、
その部分も込みで、宿泊代を考えておけば、
本来の自分の予算で選べますもんね。

 

参考になることがあれば嬉しいです。
よい旅を!

 

 


関連記事