toggle
2016-02-15

ハワイ旅行/船酔いと海系アクティビティ


ハワイと言えば、マリンスポーツが盛んです。

ツアーなどのアクティビティもしかり。

サーフィン、シュノーケリング、ダイビング、
ディナークルーズや潜水艦、天国の海へのツアーなどなど。

乗り物酔いをする人は、それらに興味あっても、
どれくらい酔うのかな?
って心配じゃないでしょうか。

というか、わたしはいつも心配です!

車でも運転する人によってはあっさり酔いますので。
船なんて。。
できれば乗りたくないくらい。

でも、これがまた、取材で担当させていただいたり、
サーフィンとかは進んでやったりします。

なので、車酔いが激しいわたしの実体験で、
これらのアクティビティがどれくらい酔うかを、
レポートしてみます。

 

サーフィン
酔い止め必要度★★
船ではないですが、サーフィンは波を待っている間に、
ボードの上に乗ってぷかぷかと海に浮かんでないといけないんですね。
これが・・・酔う!
酔い止めを飲んでサーフィンやってますという人、
結構多いんですよ。
酔うのですが、波に乗れたとき、楽しいのですよね~

シュノーケリング
酔い止め必要度★★
サーフィンと同じ理由ですが、ぷかぷか浮きながら魚を見ていると、
気づいたときには・・「うっ」ってなってます。

ダイビング
酔い止め必要度★★★★★
10年以上前の記憶をたどりますが、
小さめのボートでダイビングポイントまで向かう、
という時点で酔い止め必要度★★★って感じなのですけれど、
ポイントに着いてから、説明とか受けたり、
順番を待っていたりする間に、船がちゃぷちゃぷと揺れますので、
それに身をゆだねていると・・・以下略

これは、本気で酔いまして、
ツアーの途中にイエローボート(レスキュー)を呼んで、
先に港に上げてもらったほどでした。

ディナークルーズ
酔い止め必要度☆
心配なら飲んでもいいかも、くらいです。
大きな船は揺れませんし、快適。
でも、ディナーなので思いっきり食べたりすると、
結構気持ちが悪いなーという印象でした。
(食べ過ぎるわたしが悪い)

潜水艦
酔い止め必要度★
これは、ハワイのアクティビティの
アトランティスサブマリン@オアフ島での経験をベースにしていますが、
沖に出る船の段階で結構揺れるものの(20分くらい乗る)、
潜水艦の中は全然揺れません。
潜水艦からまた船に戻りますが、
結構スピードも上がって一気に桟橋に戻るので、
大丈夫。

ファイル 2016-02-15 20 41 50
これはサブマリンが出航する桟橋から撮った写真です。

天国の海ツアー
酔い止め必要度★
カネオヘ湾から天国の海と呼ばれるカネオヘサンドバーまでは、
10~15分くらい。
ボートでビューンと行くので、ほとんど酔わないです。
サンドバーに着けば、舩を降りられますしね。

 

こう書いていると、ビューンと船に乗るのは大丈夫。
ちゃぷちゃぷ揺れるとアウト、という傾向を感じます。
ポイントについて、船を停める。。
波を待ったりする。。
みたいのは想像しただけで胸が苦しくなってきます。

でもですね、こう書けるくらい、
結構、車に酔うとか言いながら船に乗ってるじゃんって
自分でも思います。
好奇心が勝って、やってしまうというのもありますが。
酔っても、まぁ、時間が経つと楽しい思い出に。

「あの時めっちゃ酔ったよね~」
とか、話すのもまた一興?

ただ、ダイビングは除く!
ダイビングは・・・もうできないかなー。

 

それから、海系のアクティビティは午前に出発のものが多いので、
午前中に船に乗って、思いっきり酔いますと、
午後の予定が楽しくなくなります。

船を降りたあとの足がふわふわする・・
みたいなことありますよね。
高級ディナーの予定とか入れておくと、
結構残念になるかもしれないので、
スケジューリングを気をつけてくださいね。

 

これを読んで船に乗ったけど、
酔っちゃった! 酔わなかった! などの責任は負いかねますが(笑)
以上、乗り物酔いがひどすぎるタイプの
わたしからのレポートでした。

よい旅を~!


関連記事