toggle
2016-03-24

なにを「もったいない」と考えるか


ハワイ出張中のお楽しみでもある、現地の友人たちとのご飯。

今回は取材スケジュールがビッシリ埋まっていた&
日本から宿題のように持っていった仕事が多く、
あまり予定が入れられなかったのですが、
2年前に移住した先輩夫婦&8カ月前に移住した後輩夫婦、
に会うことができました。

同じ会社出身の人が、何人もハワイにいるってすごいことだなと思うのです。

移住話や仕事の話、現地での暮らし・・・
などなどについて話をするのですが、
毎回ワクワクと不安がミックスした感情になります。

早くハワイに住みたい!
と、
やっていけるのかな・・・。

の両方を同時に思う感じ。

いろいろ話して、帰り道に車で送ってもらった時の話が、
今回、すごく印象的でした。
送ってくれたのは、後輩にあたるT夫婦。(イニシャルトーク、笑)

waikikisunset

わたしは普段、誰かしらに、ハワイ移住をするという話をすると、
多くの人から、「旦那さんは日本で勤めている会社を辞めるの??」と聞かれます。

「そうなんですよ~!」と笑って答えるけれど、そのたびに、
きちんとした会社勤めの、役職も年収も安定した仕事を手放して、
ハワイ移住にわたしが巻き込んでいるようなものかな・・・
とも思ったりするんです。

旦那さん自身はハワイ移住を望んでいますが、
はたから見たら、「もったいない」と言われることが多い。

そんな話を彼らにしたら。

奥さまのほうから即答で、
「なにをもったいないと思うかじゃないですかね?」って。

目の前にある、移住のチャンス(ビザが当たった)を手放す方が、
よっぽどもったいないし、安定した仕事以上に、
魅力的なチャレンジだと思うって。

この言葉を聞いて、泣きそうになりました。

挑戦をしようとすると、応援してくれる人が現れる、
似たスタンスの人が近くに見つかるって、こういうことだと思う。

 

T夫婦も移住にあたり挫折しそうになることがあったけど、
「ここで諦めないほうがいいよ」って奥さんは言い続けてくれたそうです。

「あの時移住しようと頑張ったけど、結局実現しなかったよね・・
とか後悔する、おじいちゃんになりたくないって思った」とはTくん。

これ、ほんとうに同じようなことを思います。
挑戦だけは絶対したいと。
やらなくて後悔、は絶対にイヤ。

先に出てきた先輩とLINEをしていたときも、
「こんだけビザの取得にお金かけたんだから、
それを無駄にはできないと思ったよ~(笑)」
みたいなコメントをもらいましたが、
実際にやった人だから言える、言葉の強さがあると思って。

 

いま、お金を貯めたり、
現地に移ってから仕事が繋がるように営業をしたり、
noteやブログを書いたり、
地味な作業を続けているけれど。
どれだけ準備したって、うまくいくかもしれない、
失敗するかもしれない、それは、移住してみないと分からない。

でも、失敗する可能性、リスクを取らないと、
前には進めない。
物ごとはなんでもトレードオフ。

例えば、一文無しになって日本に舞い戻ることになったって、
後悔はしない。それでもやる。
そう決めただけなんです。

 

そう決めていても、それでも。

時には不安になることがあって、
こんなふうに営業したり、発信したりして、
これ、未来につながってるのかな・・と弱気になることもしばしば。
非常に、しばしば。

そう弱りかけた心に、ガツンとパワーをくれるような、
そんな言葉でした。

あー会えて話せて、よかった。

 

 

 


関連記事