toggle
2016-04-13

もやもやの原因と3つの「あ」


祝、脱稿~!
と、インスタからアップしてます通り、
おととい脱稿してから、ぼーっとする時間が増えました。
↑ 仕事もしてますよ、赤字戻しとかね。

こういう、ぼーっとしているときは、
自分を振り返るいい時間だなと思うんです。

 

1、2週間くらい前から、もやっとした気持ちがありました。
なんだかなーと思うことがあった。

それを今振り返ってみると、
「あ、焦ってたんだ。」と気が付きました。

はじめましての人としている仕事がいくつかあって、
やり方がいつもと違うため戸惑ってしまって、
意思の疎通がうまくいかなかったり、
実際にそのせいで、相手に手間を取らせたり。。
なんてことが続いたのです。

しかも、複数の媒体で。

わたしがアメリカ人だっからOMG! とか言って、
天を仰ぐんだろうけれど、
実に日本人だし、内向的なわたしのクセとして、
「わたしにきっといけないところがあるのだ」と
自分を責める方向に思考が向いていました。

この思考のクセは、いい加減治ればいいのに健在で、
その昔、うつ病になったのも、
この思考のせいっていうところが大きいんじゃなかろうか。

 

10年以上一緒に仕事をしている人がいます。
その人たちからは、わたしの性格を分かってもらっているとうか、
「抜けているところもあるけれど」
「最終的にはしっかり仕事をするヤツだ」くらいのイメージで、
分かってもらっていると思う。
(思い込みかもしれないけど、笑)

2~3年くらい一緒に仕事をしている人は、
少しずつだけど信頼関係できてきて、
ツーカーな感じや任せてもらっている感じが増えてきた。

はじめまして、じゃそれはなくて、
信頼関係ができてないところで行き違いが出たりすると、
「あぁーーーー」と。
ただの仕事できないやつと思われたんじゃないか! とか。
あら、仕事できると見られなかったんだねということでもあるのですが。

でも、それって冷静に考えれば当たり前のことで、
なにを焦って、バッチリな信頼関係、築けないからって落ち込んでるのかしらと。
目指すところを高く勝手に設定して、勝手に落ち込んでいる状態。

 

30歳を超えた位から、断然、仕事がしやすくなって、
意見や提案も言いやすいし(言うように変えたというのもあり)、
そう伝えたことが通りやすい、信頼もされやすい。
これって、やはり10年以上のキャリアを、
曲がりなりにも編集者として積み上げたからではと思っていて。

そんな最近信頼されやすくて、気を抜いていたところに、
はじめましての洗礼を浴びて、もやもやが募っていっていたように思います。

長年の付き合いの人とだけ仕事したって、
楽だけど、実はマンネリでつまんない。
そんな面もあると思う。

だから新しい人と接することができること、
コネでもなんでもなく、つながれる人がいることはありがたい。

そちら側に、目を向けたい。

 

以前読んだ、服部みれいさんの本の中に紹介されている
「三つのあ」というのがすごく好きなんです。

あせらない、あきらめない、あてにしない

これをしないと、かなり気持ちが軽くなります。

今回のケースも、
相手と意思疎通ができないと焦り、
相手がわかってくれてもいいのにとあてにし、
ということがあるからの、落ち込み、もやもやだったと思う。
諦めずに、たんたんと、続けていけばいいのですよね。

 

 

実は、
もう一つの焦りで、そいつももやもやの原因だったのですが、
ハワイ関係の編集ライターとして、いつまでたっても目が出ない、
と思い悩む自分もいました。

いつも担当させてもらっている媒体があってありがたく、
それは本心なのだけど、そのつながり以外から、
全然知られてないし、こんなんじゃダメじゃないか、
売込みが足りないんじゃないかー、
ハワイに移住するのにそんなんでどうするーーー
と焦る自分もいました。

よく考えてみれば、ハワイ系でやってくぞと決めてから、
まだ3年くらいなもんです。
編集者としてなんかよくなってきたなと思うのに10年かかっているのに、
3年で何を焦ってますかと、たんたんと続けないさいよ、
焦らないで、売り込むなら売り込みなさいよって話ですし。

ここで大切なのは、目が出ないー、もうヤダ!
とか諦めることでなくて、
たんたんと続けること。
誰かが声をかけてくれるんじゃとか、あてにしないで、
そして焦りもしないで、自分からのアピールを続けること。

 

このあたりが、やっと自分のなかで噛み砕けました。
あー、長かった。
久しぶりに、もやもやの長いトンネルに入りました。

あと、自分と向き合えなくなっていたのは、
手書きのメモをしないでいたんだなとも気が付きました。
最近手帳を開いてなかったもの。。
タイピングするばかりでは、わたしの場合、
向き合えないみたいです。

 

 

結構、最近、お仕事関係の人もこのブログを読んでくださっているのに、
こんなに赤裸々にかいて大丈夫かしら(笑)
まぁ、書かなくても、いつかはそんな人間だとバレるんだからいいか。

 

 


関連記事