toggle
2016-08-30

自分の行動を決めるもの


先日25日に新しく発売になったムック本があります。
まだ手元に届いておらず(担当者に納品されないってどういうこと・苦笑)、
ご紹介できずにいますが、7月のカウアイ出張はそのガイド本のためのものでした。

この本を校了したのは、8月3週目のことで。
4週目は疲れているものの、この締め切りのために
後回しにしたあれやこれやの締め切りを終え、
週末にはまた別の取材に行っていました。
今日はもう5週目。
いまになって、やっと落ち着いてきています。

思えば、オリンピックも、甲子園もロクに見られず、
ずーーーーっと仕事をした8月。

その疲れがドッと出たのかなと思うことが、
この週末にありました。

まず、金曜日の夕方に、足の小指を強打しておそらく打撲。
そのまま外食に出かけ。
たくさん食べて飲む。
帰り道に、翌日の土曜日は、黒田(広島東洋カープの投手のことですよ)が、
名古屋で投げると分かり、
現役の姿を見られるのは最後かもねとチケットを購入。

その夜2時頃に食あたりが発覚。
30分おきくらいに吐き続けて、
ほとんど寝れないまま朝。

試合を見るために、寝不足のまま球場へ。
黒田のピッチングやらよい試合に満足。
※本来ジャイアンツファンなので、中日vs広島には興味がないのですが、
この試合はかなりよかった!
21時ころ帰宅。

翌日は4時起きでサーフィンの取材へ。

っと、わたしは疲れていると、
アタりやすいのです。

あー、疲れてたんだなと。
校了から1週間も経てば平気だと思っていましたが、
身体は正直でした。

そして、ここからが今日のタイトルにかかる本題ですが、
(前置きの長さよ・・・)

以前のわたしであれば、金曜日の夕方に打撲をした時点で、
飲みに出かけることも、日曜の取材も、断ったほうがいいかも、
とすぐに考えただろうということです。

飲みに行くことをクリアしても、
食あたり後の、野球観戦と取材はまた、断ったほうが・・
と考えたと思う。

でも、今回は、ぜんぜんそう思いませんでした。
ぜんぶ自分の希望でやっていることだから、ということも大きいですが、
勝手に自分でリミットを設けなくなった、ということもあるなと。

最終的には、サーフィン取材で走り回って、
小指が悪化するというお土産付きでしたが、
どれも、すべて、実行できてよかったと思うことばかり。

取材は、障害児のためのサーフィンスクール取材で、
以前からずっと取材をしたいと希望していたもの。
そのスクールにボランティアとしても参加し、
心から参加できてよかったと思いました。
原稿をがんばって書かねば。

これは一つの例ですが、
こんなふうに、勝手な思い込みで行動を狭めていることは、
往々にしてあるなと思います。

わたしの場合は、セルフイメージが相変わらず低いから、
「できない」「わたしなんて」と思っていることがとても多い。
本当は、できるくせに。
やらないだけなのに。

セルフイメージを下げる原因は、自分との約束を守れなかったことが、
一番影響すると思っています。
やれてないことは、自分が一番分かっているから。
いつまでに◎◎をしようと思っていたけれど、
後回しにしてしまった、キャンセルしてしまった、
そんなことの連続でセルフイメージを下げるのですよね。

この週末の一連のことは、そちら側にならなくてよかった。
すべてを実行できて、自分の小さな自信にもなりました。

写真はOcean’s Love代表のアンジェラ摩紀バーノンさんへのインタビュー風景。
掲載の許可をいただきましたので、こちらにも。
ファイル 2016-08-30 17 57 11

この週末は台風が心配されましたが、
スクール中は晴れ、日焼けもしっかり。
日焼け対策に、普段ネタにされるほど似合わないキャップを被ったのですが、
耳が盲点でして。日焼け止めをぬり忘れた耳は、
現在真っ赤になっております。

この取材記事は、webサイト『soar』で公開予定です。
1か月後くらいかしら。。
どうぞお楽しみに。


関連記事