toggle
2016-12-23

移住準備/クレジットカードの事


アメリカで住もうと思ったことがある人は、
聞いたことがあるかもしれなのですが
「クレジットヒストリー」というのが、現地では重視されるそうなんです。

家を借りたいとか、
車を買うのにローンを組みたいとか、
そんな時に重視されるのが、「クレジットヒストリー」。

要は、この人、ちゃんと(借りても)返済できる人です。
という証明をクレジットカードの支払い履歴から見るそうなんです。

そしてその履歴がないと、クレジットカードが作れない。

は?

じゃぁ、一つ目のクレジットカードはどう作るんですか?

というと、銀行に口座を開き、デポジット(補償金)を入れた上で、
その額を限度額としたクレジットカードを作ることが第一歩なんだそう。
そして、そのカードを使っていくことがヒストリーになると。

こう分かるまでに至った経験を、今回は書きます。

作るにあたっては、アメリカのマイナンバーに当たる、
SSN(ソーシャル・セキュリティ・ナンバー)があれば、
クレジットカードを作れます。

となると、私は4年くらい前から、クレジットカードを作れたんじゃん!!
という話に。。
さっさと作って、ヒストリーというのを勝ち取っておけばよかった。。
と、後悔するところですが、ひとまず、移住前に作るべし。

前回の滞在中に、我が家のハワイでのメインバンク、
『バックオブハワイ』に行ってきました。
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-12-23-12-32-21

口座も開いているし、残高もあるし、SSNもあるし、作れます、
という話。でも、話を進めていくと。。
現地の住所にしかカードを発送できない
=現地の住所がないとカードが作れない! と判明。
友人などのお家に、「様方」として送ることはできないそうです。

エーーー。

カウンターに座りながら、移住を先に果たしている友人にLINE。
『ファースト・ハワイアンバンク』ならば、
日本の住所に発送してくれると。

早速、カラカウア通りを移動して、そちらの銀行に。
説明を聞いてみると、口座を開いて、
$1000のデポジットを入れれば、カードが作れる。
日本の住所にも送れますとの回答。

よし! 口座作ります!
という感じですが、あいにく、10万円の現金を持ち合わせてないし、
『バンクオブハワイ』の方もすっからかんにはできない。。
次回に持ち越しとなりました。

でも来年2月には絶対作ってくるぞ。

移住予定の方、SSNを手に入れたらお早めに。
ちなみに、『バンクオブハワイ』も日本語対応の方がいますし、
『ファーストハワイアンバンク』は日本人の方がいました。
日本語での対応はありがたい。

移住準備、少しずつ進んでおります。

 


関連記事