toggle
2017-04-09

「私このままでいいのかな」を考えてみる


35歳になって半年以上たった。
というか、36歳まであと3カ月だった。
限りなく、もう36歳だ。

9月にハワイ移住を予定している。
これが目下の楽しみ。

ところで。

ここ数か月、久しぶりにとんでもない忙しさに身を置いていた(いる)。
正直、心と体のバランスが限界だと思うことがなんどもあった。
寝ていると夜中にうなされたり叫んだりするそうで(私は覚えてないけど)、
旦那さんにも随分心配をかけた。

この状況は、自分の成長や今後のためになると思って、
自分で選んだこと。

だから、心や体のバランスを崩すなら、自分のせいだ。

仲間内では知っている人も多いのだけど、
私は元うつ病で、直すのに5年かかった。
だからというわけではないけど、
心のバランスというものに、すごく怯えている部分がある。
一度崩すと、谷底まで落ちるのがあまりに簡単だから。

そうならないように、自分の対処法だったり、
取扱い説明書みたいなものをいくつかわかっているつもり。
でも、結構限界だなとも思っている。

この元をたどっていくと、
「成長したい」と思ったことに端を発していることになる。

もっと、穏やかさを選んだら。
お金より、仕事より、プライベート重視だったなら。

でも以前、「私このままでいいのかな」と思っていたこと。

それは、一人のフリーランスとして、使われるだけで、仕事を生み出さず、
収入は自分の時間を切り売りすることで決まり、ばらつきもある。
その状況から、成長したいなという気持ちが生まれていた。

人に指示を出す立場になれば、仕事を生み出す人であれば、
もっと状況は変わるはず。

立場を変えて、収入も安定して。
今の私が考える「私このままでいいのかな」は、
このまま〆切が来るたびにそれを目がけて働いていたら、
プライベートの充実なんて、叶わない(ことが多いだろう)ということ。

35歳という年齢は、子どもを欲しいと思ったら、
なかなか怪しい。
40歳で子どもを生んでいる人も沢山いる。
周りにも沢山そういう人がいるけど、自分もそうなれるかはわからない。

排卵日<〆切、の生活をする中で、
妊娠をイメージするって、相当難しい。

「子どもがいるっていいよ!」
「人生観変わるよ!」
「まだ大丈夫だよ!」
老若男女、いろいろな方から、ご丁寧にアドバイスが届く。

いや、ちょっとイメージしたらわかりますって。
意見を求めてないのですが。。
へらへらと笑ってごまかすことしかできない。

30歳を過ぎた頃から、仕事が余計に楽しくなった。
自分の意見も通りやすいし、信頼もされていると思うし、
自分で動かせる仕事が増えるほど、やりがいも増す。

その状況を楽しんでいたら、あっという間に35だったんだよ。
そんな感じ。

私の周りには仕事が好きな女性が多いと思う。
その多くは、結婚していても子なしか、未婚か。

子どもはプライベートの充実の例としてわかりやすいから、
書いてみたけど、いろんなものに置き換えられる。

夫婦ふたりの時間
気のおけない友人との会話
季節の変化を愛でること
手作りの温かいご飯
片付いた部屋
読書とかの趣味
ふらりとどこかに出かけること
自己研鑽のはずの英会話レッスン

夫婦で出かけているのに、
始終メールチェックをして、急いで返信したり。
友人とのやりとりはLINEかインスタかFacebook。
ご飯は作ったら合格なレベル、
部屋には洗濯物とか干しっぱなしで、
乾いてもいつ畳んだからいいんですか状態。
本屋に行けずにAmazonのヘビーユーザー。
英会話を何度直前でキャンセルしたことか。

ちょっと、画面が涙でにじんできたのでやめるけど、
「私、このままでいいのかな」。

何かを選べば何かを選べず。トレードオフなのはわかってます。

でももうちょっとさ、両方を持った、曖昧な線を目指してもいいんじゃないか。
それは、自分の選択肢や心がけひとつで、本当は変えられることのはずだから。
やっぱり全ては、自分の捉え方次第だから。

長い長い独り言。


関連記事