toggle
2017-07-13

Love, Day After Tomorrow


このタイトルで、何のことかすぐわかった人は、
きっと同世代ですね。。。

私が大学受験をしてた頃、すごく流行っていた曲です。
宇多田ヒカルのパクリだとか言われながら、
そこらじゅうで流れていた。

その曲は、
「いつかは夢が叶う」という歌詞で始まります。
大学受験と「いつかは夢が叶う」がリンクして、
当時よく聴いていたんですよね。
結果、大学受験は失敗したんだけども、
都会に出たいという田舎者の夢は叶いました(笑

その後も、就職活動とか何か折に触れて
このイントロを思い出すのですが、
先週のNY旅行の帰り道。
NYからデトロイト行きの飛行機に乗っていたら
このイントロがまた頭の中を流れてきたんです。

「こんな場所で思い出したりするのか〜」
とデルタの飛行機の中で思ったのですが、
やっぱり私の頭には、「夢=叶うものだ」
と刻まれているんだなと改めて。

この前提を持っていることはなかなかいいと思うんですよね。
「どうせさ」みたいな考え方より広がるし、
実際に叶っちゃう。

よく聞く話だけど人生が80年だと言われ、
医療の進歩で100歳まで生きるかもしれない。
(同じ確率で明日死ぬかもしれないけど)

そんな時に、もう年だしとか、
何歳になっても言っている場合ではなくて、
「どうせ」を枕詞に語られることなんて、
何もないはず。

そう言いながら、私は「ハワイ移住」の次の夢を何にするか、
まだ見つかっていなくて、実はちょっと焦っています。
だから、あのイントロが流れてきたのかしら。

次の夢は何にしようかな〜。


NYに到着したのは夜9時ごろ。


当たり前だけど、大都会でした。とても疲れた。。


関連記事